アニメのアフレコ現場に密着!

アニメのアフレコ現場に密着!に関して

大好きなアニメのアフレコを学ぶ為に

大好きなアニメのアフレコを学ぶ為に

私は小さい頃から漫画やアニメの類が大好きでした。

父親が私の為に買ってきてくれた少女漫画の雑誌に夢中になり、その次に姉がはまった少年漫画に夢中になり、姉と一緒になって好きなキャラクターの話をしたりしました。

声優さんやアフレコに興味を抱いたのは本格的にアニメの細かい部分も理解できるようになった中学生くらいからで、将来の夢にぼんやりとアニメ関連の仕事が出来たらな、と思うようになっていました。

声優と一言に言っても様々な仕事があります。

誰しもが主役になれるわけではありません。

それでも、時折アフレコの風景をテレビで見たり雑誌で見たりして、諦めるくらいなら、と両親を説得してこの春声優の専門学校に入学が決まりました。

様々な設備がある中で、いかに自分の才能が凡才なのか思い知りながら、それでもと努力を積み重ね、少しでも夢に手が届くよう、後悔のないよう頑張りたいと思っています。

夢にむかって頑張れる環境があるだけとても有難いことなので、精いっぱい頑張りたいです。

アニメやアフレコに大事なものは実践力

どんな仕事もそうですが、仕事の為に様々な知識を身に着ける為に大学や専門学校に通います。

そして知識として多くのことを学んでいくわけですが、そこで重要視されるべきなのは、紙の上の知識だけではなく、その知識をいかに現場で臆することなく利用できるかということです。

憧れる人が多い反面、現実的に仕事として考えると厳しい業界だと言われるアニメ業界、アフレコ業界ですが、この二つこそ特に実践力が即必要とされる職場でもあります。

アフレコなんかですと、アドリブが必要なこともありますし、それによって場に臨場感が出てリアリティが増します。

アニメにおいても、それが声優でもアニメーション関連においても、知識を応用出来なければ教科書以上の作品に繋がることはありません。

アニメのアフレコに携わるためのスクール

どうしても学校では課題に追われ、授業に追われがちになってしまいますが、専門学校の中には実践に重きをおいた施設充実型もあるので、そういった学校に目安をしぼってどういった力をつけていきたいのかを明確にしていくといいのかもしれません。

よく現実を見て、と言う言葉を聞きますが、夢を現実にする為の努力を惜しまなければそれは確実に現実です。

みなさんの夢が叶えばいいな、と陰ながら応援しています。

Comments are closed.

© 2015 アニメのアフレコ現場に密着!